世界日報 Web版

天皇のために死ぬ、言葉に尽くし得ぬ情景


集団自決の碑

歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
上原 正稔 (7)

 3月28日小雨のち晴れ、夜小雨。夜間、敵情視察のため各地に散っていた部隊が夜明けとともに北山(にしやま)急造陣地に帰隊。道案内の防衛隊員は家族と共に手榴弾(しゅりゅうだん)で自決。このような自決が2、3件既に始まっていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ