世界日報 Web版

辺野古移設工事差し止め訴訟、那覇地裁が県の訴えを“門前払い”


那覇地裁が県の訴えを“門前払い”

宜野湾市民は控訴願わず

 米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり、県が国を相手取って工事差し止めを求めた訴訟で、県の訴えが却下された。さらに、2015年に翁長雄志知事がジュネーブで行った国連演説は「資格外」で「公私混同」だと沖縄県民から訴えられており、知事は苦しい立場に立たされている。(那覇支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ