世界日報 Web版

翁長知事が地元の民意を無視か、軍港移設先めぐり浦添市と県・那覇市が対立


軍港移設先めぐり浦添市と沖縄県・那覇市が対立

浦添市長「後悔しない西海岸開発を」

 那覇軍港の浦添埠頭への移設をめぐり、沖縄県と那覇市、浦添市による3者が24日、沖縄県庁で会談した。浦添市はリゾート開発を念頭に軍港を民間港に隣接させるよう計画変更を求めたが、現行案を支持する県、那覇市との溝は埋まらなかった。(那覇支局・豊田 剛)

 那覇軍港の移設先の焦点は、2003年に国と県、那覇市、浦添市が合意した通り米軍牧港補給地区(キャンプ・キンザー)「北側」の沖合いにするか、それとも、浦添市が私案として示した同「南側」にするかの2択となっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ