世界日報 Web版

「中国が沖縄を統治した証拠はない」と強調


「中国が沖縄を統治した証拠はない」と強調

山田宏参院議員が浦添市で講演、歴史的な事実を示す

 沖縄の地元メディアは、沖縄の歴史的な日本帰属について異議を唱えるという誤った論調を展開している。それに拍車を掛けるように、国連人権理事会では沖縄県民を先住民族とする勧告をし、翁長雄志知事が沖縄の「自己決定権」の回復を訴えている。こうした中、山田宏参院議員(自民)が26日、浦添市で講演し「中国が沖縄を統治した証拠はない」などと歴史的な事実を詳細に示して反論した。(那覇支局・豊田 剛)

 山田宏参院議員は「祖国日本の危機と沖縄の役割」と題する講演の冒頭、翁長知事と沖縄が祖国復帰した当時の屋良朝苗知事を対比させた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP