世界日報 Web版

那覇市議選は翁長知事派が過半数割れ、3市に続き地元でも敗北


那覇市議選は翁長知事派が過半数割れ、3市に続き地元でも敗北

自民除名の現職4人落選、メディアと結託も奏功せず

 任期満了に伴う那覇市議会議員選挙(定数40)が9日、投開票され、翁長雄志知事を支持する与党が過半数を割った。翁長派に打撃となったばかりでなく、知事と連携する城間幹子那覇市長にとっても厳しい市政運営が待ち受けている。(那覇支局・豊田 剛)

 2014年11月に城間市長が就任して以来初の市議選だった。城間氏は、4期の半ばまで同市長を務めた翁長氏の後継で、名護市の稲嶺進市長と共に翁長県政を支えている。今回の市議選は、城間市政に対する審判だけでなく、翁長県政に対する評価に直結するものと位置付けられていた。それだけに翁長派には打撃となった形だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ