世界日報 Web版

辺野古訴訟で国と沖縄県が和解


辺野古訴訟で国と沖縄県が和解

今月協議開始も大きな隔たり 国は県側の変化を期待

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の米軍キャンプシュワブ(同名護市辺野古)沖への移設をめぐって翁長雄志知事が埋め立て承認を取り消したことが原因で係争中の国と沖縄県は和解案に合意し、話し合いによる解決を目指すことになった。和解条項では、判決が確定するまでの間、国と県は「円満解決」に向けた協議を行うとしているが、すでに次の裁判を見据えて国と県は動き始めている。(那覇支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ