世界日報 Web版

沖縄の「子どもの貧困」対策


宮城 能彦

「自立」助ける支援を

沖縄大学教授 宮城 能彦

 先日、木材関係会社の新年会で講演をさせていただいた後の懇談会で、日本の林業の現状について話題になった。日本の林業が振るわなくなって久しく、見通しも決して明るくはない。しかし、それ以上に問題なのは生産森林組合が補助金をもらうための団体と化していることではないか、という指摘がとても印象的であった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ