世界日報 Web版

国との三つの裁判抱える翁長雄志沖縄県知事


国との三つの裁判抱える翁長雄志沖縄県知事

辺野古埋め立て申請承認取り消し

普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に伴う埋め立て申請承認を取り消したことで、翁長雄志知事は国を相手に三つの裁判を抱えている。それに加え、辺野古移設をめぐって宜野湾市民が訴訟を起こし、四つの裁判に関与するという異常事態だ。北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、緊張感が走る中、辺野古問題に傾注し過ぎる翁長氏の言動に県民の不信感は高まっている。(那覇支局・豊田 剛)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ