世界日報 Web版

宜野湾市長選、辺野古移設反対一辺倒に限界


佐喜真淳氏

作られた「民意」にノー

 佐喜真氏の最大の敵は相手候補ではなく「オール沖縄」という作られた民意だった。「オール沖縄」は、宜野湾市の真ん中にある米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対するというシングルイシューで集結した。その先頭に立ったのが翁長雄志知事だ。佐喜真陣営は「現職の強み」にとらわれず、強い危機感をもって取り組んだ結果、大差がついた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ