世界日報 Web版

辺野古埋め立て承認の撤回を「検討」


辺野古埋め立て承認の撤回を「検討」

翁長雄志知事、県政運営方針で改めて主張

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に関して、翁長雄志(おながたけし)知事は19日、県議会2月定例会の県政運営方針で改めて辺野古移設反対を主張した。同知事による工事中断の申し入れもむなしく、沖縄防衛局による移設のための海底ボーリング調査の準備作業が着々と進められている。22日には2000人規模の移設阻止のための集会が開かれたが、知事と反対派のリーダーの姿はなかった。(那覇支局・豊田 剛)

 翁長雄志知事は19日、県議会2月定例会で県政運営方針を行い、第三者委員会の報告を踏まえ、「埋め立て承認の取り消し、撤回を検討する」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ