世界日報 Web版

「一帯一路」推進へ中国とパキスタンが「悪魔の取引」と米FP誌が警告


◆中国がJeMを支援

 インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方のインド側で2月14日に爆発があり、治安要員少なくとも36人が死亡、両国間の緊張が一時高まった。犯行声明を出したパキスタンのイスラム過激派「ジェイシモハメド(JeM)」を中国が擁護しており、米誌「フォーリン・ポリシー(FP)」は、シルクロード経済圏構想「一帯一路」の一環として進める「中パ経済回廊(CPEC)」守るため中国がパキスタンと「悪魔の取引」を交わしたと警告している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ