世界日報 Web版

大坂なおみ選手の世界ランク1位に時代の目撃者としての幸福を語った産経


◆快挙を称賛する各紙

 日本人がノーベル賞を受賞したり、スポーツや芸術分野などで世界最高位を獲得した際の各紙論調を論評することほど楽しく気持ちいいことはない。称賛のほとんどに共感して盛り上がるのはサポーターのごとし。腕によりをかけた各紙の称賛コンテストを審査する当欄も、いつもと違って肩の力を抜いた論評で美酒を味わいたい。

 昨秋の全米に続いて全豪オープンと四大大会を連覇した女子テニスの大坂なおみ選手が28日に、世界ランキング1位に躍り出た。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ