世界日報 Web版

御婚約をめぐる“騒動”再燃も聞こえてこない眞子殿下と小室氏の肉声


◆新しい内容ない文春

 御(み)代替わりが迫ってきているというのに、気掛かりなことが残っている。もちろん、どうしても整理しておかなければならないということではないが、御退位御即位に影を落とすようなことであれば避けねばならない。

 秋篠宮家の長女眞子殿下の婚約内定者・小室圭氏が突如、母親の抱える“借金問題”について「解決済み」文書をメディアに発表。これに対して、母親の元婚約者は「勝手に発表して、どういうつもりだ」と反発、両者の主張は真っ向からぶつかっており、眞子さまの婚約をめぐる“騒動”は収まるどころか、再燃しているのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ