世界日報 Web版

LGBT「自認」1.6%と少なく出た名古屋市調査を無視した「朝日」


◆電通調査は7・6%

 「性的少数者1・6%が自認」――こんな見出しを打った記事が「日本経済新聞」(昨年12月18日付)夕刊に載った。「東京」にも同様の記事があった。名古屋市が昨年7月、市民1万人(18歳以上、有効回収4655件)を対象に行った大規模調査の結果だ。

 今ブームのLGBT(性的少数者)運動を支援する新聞は、同性愛者などが予想以上に多いことの裏付けとして、「7・6%」と出た電通調査(2015年)を頻繁に紹介してきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ