世界日報 Web版

平成最大の失策として天安門事件後の「天皇陛下訪中」を挙げた産経


◆「停滞」「敗北」の30年

 年が改まり、平成最後の年の初め元日の新聞論調(社説や主張)はいつもの年でも、その年の一年を展望する視点から日本と世界を論じるものが多いが、今年はさらに平成の30年を総括した上で今年を論じたものが目立った。

 まず、平成の30年の総括について。日経は冒頭から、いきなり「日本は平成の『停滞の30年』を脱してどう針路をとるべきだろうか」と問い掛ける。平成を「停滞の30年」と総括したわけだが、その説明は省略した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ