世界日報 Web版

大嘗祭国費支出に反対し宗教狩りのように完全政教分離を主張する朝・東


◆一度もない違憲判決

 来年の大嘗祭(だいじょうさい)への公費支出をめぐって秋篠宮殿下が「宗教色が強い大嘗祭を国費で賄うことが適当かどうか」と述べられ、国家と宗教の関わりについて論議を呼んでいる。

 各紙社説を見ると、朝日と東京は憲法の政教分離上の問題点を指摘し、国費支出に否定的(いずれも1日付)。これに対して産経(1日付)と本紙(4日付)、読売(5日付)は肯定的だ。論調はリベラルと保守で分かれた。ちなみに毎日は皇室像を問うている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ