世界日報 Web版

「ヘイト」のレッテル貼りと言葉狩りで言論抑圧する「エセ・リベラル」紙


◆保守論調に過剰反応

 「私はあなたが言うことには賛成しないが、私はあなたがそれを言う権利を、死んでも守るだろう」

 フランスの哲学者ヴォルテールの言葉として知られるが、最近のリベラル派の報道を見ると、すっかり忘れ去られていると酒井信彦・元東大教授が嘆じておられる(産経7日付「新聞に喝!」)。言わずもがな、衆院議員の杉田水脈氏のLGBT(性的少数者)をめぐる論文やそれを掲載した「新潮45」の休刊問題についてだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ