世界日報 Web版

本庶氏ノーベル受賞で日本の基礎研究の現状に警鐘を鳴らす産経・毎日


◆「免疫療法」に道開く

 ユーラシア大陸の北西の果てスカンジナビア半島から2日、朗報が飛び込んできた。ノーベル賞週間の皮切りとなる医学生理学賞に京都大学特別教授の本庶(ほんじょ)佑(たすく)氏が選ばれた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ