世界日報 Web版

歴史教科書「大誤報」を認めず「書き換えさせた」と言い募る毎日・伊藤氏


◆外交問題にまで発展

 いまだ、こんな誤報がまかり通っているのかと、いささか憂鬱(ゆううつ)になった。

 毎日9月1日付の「時の在りか」と題するコラムで、編集委員兼論説委員の伊藤智永氏が「80年代、文部省が歴史教科書の『侵略』を『進出』と書き換えさせた時も、天皇は心配した」と書いていた。入江侍従長日記の1982年7月27日にご発言があるという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ