世界日報 Web版

山根明氏の素性に焦点当て告発への反論を聞き出せなかった文春・新潮


◆韓国との縁を隠さず

 週刊誌はお盆休みを控え合併号を出している。値段も中身も普段の号よりぶ厚い。その中で旬な話題と言えば日本ボクシング連盟の終身会長である山根明氏(78)の一連のスキャンダルだ。

 山根氏は暴力団との関係や助成金の不正流用、審判不正、パワハラなどをボクシング連盟有志333人から告発され、スポーツ新聞やワイドショー、週刊誌に追い掛け回される事態となり、ついに8月8日「辞任」を表明するに至った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ