世界日報 Web版

オウム松本死刑囚らの刑執行に難癖をつけ死刑制度批判を展開する朝日


◆史上最悪の組織犯罪

 かつて鳩山邦夫法相が宮崎勤死刑囚(東京・埼玉連続幼女殺害犯)の刑執行を命じたところ、朝日から「死に神」と呼ばれた(2008年6月18日付夕刊「素粒子」)。上川陽子法相はどうだろうか。

 上川陽子法相はオウム真理教の元代表、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚ら7人の死刑執行を命じた。さすがに「死に神」呼ばわりするメディアはないが、朝日7日付「時時刻刻」は「7人、異例の同時執行」「戦後最大の規模」「海外から批判も」と死刑制度懐疑論を全面に押し出している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ