世界日報 Web版

視聴率偏重に対して街角コメンテーターの鋭い意見を拾った日テレ特番


◆番組質低下に危機感

 主に受信料や国からの交付金で番組製作を行っているNHKは、視聴率にとらわれず、質に重点を置いた番組作りができるという利点がある半面、製作責任者の思想や思い入れによる偏向や独善から、偏った番組が製作されやすいという危険性が付きまとう。

 報道における偏向はNHKに限った問題ではない。民放の場合、それに加えて、視聴率稼ぎからセンセーショナリズムに陥りやすいという宿命的な課題を抱えている。スポンサーからの広告費で番組製作を行っているからだ。視聴率が低くければスポンサーは付かない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ