世界日報 Web版

抑止力を軽視する朝日流の平和主義こそ戦争を招き入れる「平和の敵」


◆東京のみ独自の1面

 産経の1面コラム「産経抄」が首を傾(かし)げている(12日付)。

 「新聞の1面トップ記事は、編集者がその日一番のニュースだと判断したものを充てる。在京各紙の11日付朝刊は、史上初の米朝首脳会談が6月12日にシンガポールで開催と決まったことを報じる記事がトップを飾ったが、東京新聞だけは独自性を発揮していた。柳瀬唯夫元首相秘書官の国会参考人招致を取り上げたのである」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ