世界日報 Web版

性同一性障害を題材に「夫婦愛」を考えさせた「NNNドキュメント」


◆淡々と事実を伝える

 メディアがLGBT(性的少数者)をテーマに取り上げる時、当事者の“自己決定権”ばかりを強調して左派イデオロギーによる社会変革運動に加担しがちになるが、性同一性障害を題材にしながら人権問題に偏らずに夫婦愛を考えさせた番組があった。

 4日の日本テレビ「NNNドキュメント’18」は、「夫の心が女になった~夫婦ってなんだろう~」がテーマだった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ