世界日報 Web版

防犯カメラ設置をめぐる「虚偽報道」にだんまりを決め込む朝日と東京


◆刑法犯が大幅に減少

 犯罪が大幅に減っている。そんな吉報が先週、伝えられた。昨年1年間の刑法犯が戦後最少だったという。前年比8%減の約91万5000件で、15年連続の減少。ピーク時の2002年(285万件)の3分の1に減ったというから、治安回復を誇ってよい。

 なぜ減ったのかというと、刑法犯の7割超を占める窃盗犯が大幅に減少したからだそうだ。読売18日付夕刊は「ひったくりや車上荒らし、路上強盗などの街頭犯罪が大幅に減少した。その背景にあるのは、捜査の武器となっている防犯カメラの普及だ」としている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ