世界日報 Web版

大相撲の日馬富士暴行事件で“当事者”貴乃花の心情に多少迫った新潮


◆沈黙を貫き「悪役」に

 大相撲の日馬富士暴行事件がいまだに解決していない。テレビのワイドショーでは連日取り上げられているが、同じことの繰り返しで、さしたる進展もなく、食傷気味の視聴者はこの話題が出てくるとチャンネルを変えるというほどだ。

 週刊誌こそ、この事件の深層を探り、真相を伝えてほしいのだが、一方の“当事者”である貴乃花親方と貴ノ岩が取材に応じていないため、お手上げだ。しかし、その貝の口をこじ開けて聞き出すのが週刊誌でもある。週刊新潮(12月21日号)が「沈黙の『貴乃花』が心情吐露!」の記事でいくらかそれに迫っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ