世界日報 Web版

左派紙の偏向体質を浮き彫りにした最高裁のNHK受信料合憲判断


◆朝日による介入・攻撃

 最高裁はNHKの受信料について「知る権利を充足する」として合憲とし、「テレビ設置時にさかのぼって受信料の支払い義務が生じる」との判断を示した。各紙は判決をおおむね是とするが、「判決をお墨付きにせず、公共放送としての自覚を新たにしなければならない」(毎日8日付社説)と注文を付けている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ