世界日報 Web版

流行語大賞候補の「忖度」は朝日が首相を貶めるために作ったキーワード


◆左派紙が流行させる

 今年の「流行語大賞」に30語がノミネートされているが、最有力候補は「忖度(そんたく)」のようだ(12月1日発表)。毎日によれば、「忖度」とは「首相官邸の意向を役人がおもんぱかったと指摘される森友、加計学園問題を象徴するキーワード」だという(10日付)。むろん流行(はや)らせたのはメディア、中でも朝日や毎日などの左派紙だ。ところが、その「忖度」の意味合いが変わってきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ