世界日報 Web版

シリアでの化学兵器使用で北朝鮮との軍事関係に着目した「新報道」


◆米露対立で情報戦に

 猛毒サリンを用いた化学兵器がシリア北西部のイドリブ県で使用され、トランプ米大統領は「レッドラインを越えた」と批判し、米中首脳会談の最中にシリア空軍基地へのミサイル攻撃に踏み切った。化学兵器による住民殺害、米国のシリアへの軍事力行使、米中首脳会談など、どれ一つとっても重大なテーマだが一挙に重なった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP