世界日報 Web版

大震災6年で脱原発の発言ばかり取り上げたTBS「サンモニ」


◆難問山積の事故処理

 東日本大震災から6年――。12日放送のNHK「日曜討論」で内堀雅雄福島県知事が福島の状況の「光」と「影」について、「光」は「復興が進む明るい部分」で、インフラ復旧、拠点整備の進展、観光地のにぎわいの回復、農産物の輸出の拡大、若者の活躍など、「影」は「福島第1原発の廃炉対策の問題」などを指摘していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ