世界日報 Web版

家族の絆より「個」を強調し家庭教育支援法案をやり玉に挙げる朝日


◆「個か家族か」の争点

 トランプ大統領が保守派活動家らの会合で「(昨秋の大統領選は)保守派の価値観の勝利だった」と演説している(本紙26日付)。それで民主党(現民進党)が政権奪取した2009年総選挙を思い出した。

 宮本太郎氏(当時、北海道大学教授)が「脱官僚の延長に『個』を単位とした社会を展望する民主党か、家族や地域、業界など人のつながりを大事にする社会を作る自民党か。これは一つの争点となる可能性がある」と、価値論について述べていたからだ(毎日新聞09年7月30日付)。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ