世界日報 Web版

中国の赤サンゴ密漁船を海保特殊部隊が急襲と報じ目を惹いた文春


◆本当なら素晴らしい

 小笠原近海に集結している夥(おびただ)しい中国密漁船。彼らの密漁の意思を挫くほどの厳しい罰則もなく、中国側の対処も当てにできずに、赤サンゴという高価な資源を乱獲されるのを、ただ遠くから指をくわえて見守るだけが日本のできることなのか――といささか失望していたのだが、驚くべき記事が週刊文春(11月20日号)に載っていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ