世界日報 Web版

同性カップルの“非生産性”論争 出産念頭にした婚姻制度


民法の考えと同じ杉田論文 “LGBT派”の排他性露わに

 月刊「新潮45」8月号に載った論考「『LGBT』支援の度が過ぎる」をめぐり、寄稿者の保守派の衆院議員、杉田水脈(みお)(自民党)がマスコミや国会議員などから激しい批判にさらされている。ゲイを名乗る人間からは、事務所に「殺してやる」と脅迫メールが届き、被害届けを出したという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ