世界日報 Web版

瓦解する反辺野古派 「県民投票」めぐり亀裂


瓦解する反辺野古派 「県民投票」めぐり亀裂

移設妨害の限界浮き彫りに

◆法的拘束力ない投票

 沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設をめぐって、移設反対派の一部が「県民投票」の実施を主張している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ