世界日報 Web版

違法行為続ける翁長知事、共産党の操り人形に


違法行為を続ける翁長雄志沖縄県知事

負けを承知で裁判闘争

建設に至る過程を無視

 翁長(おなが)雄志(たけし)知事は、米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古への移設に反対するあまり、共産党の言いなりにしか動けない人間になってしまった。その顛末(てんまつ)をこれまでの言動や裁判闘争から見ていく。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ