世界日報 Web版

辺野古移設反対派の本音 全米軍基地の撤去が狙い


辺野古移設反対派の本音 全米軍基地の撤去が狙い

中国やISの侵略が可能に

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する市民が、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で座り込んでから7月6日で丸3年を迎えたという。

◆72年間戦争起こらず


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP