世界日報 Web版

「人類館事件」の真相、アイヌと同列視に反発


「人類館事件」の真相、アイヌと同列視に反発

日本国民の一員として自覚

 米軍北部訓練場(沖縄県東村・国頭村)のヘリパッド建設に反対する市民らに対し、大阪府警の機動隊員2人が「土人」「シナ人」などと発言したことが本土による沖縄差別であると大問題になった。沖縄に対する偏見や蔑視、差別を問題にする時、沖縄メディアがすぐに話題にするのが「人類館事件」である。

 「人類館事件」は、沖縄差別が表面化した最初の事件として位置付けられている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ