世界日報 Web版

公明党結党50年、「党創立者のもとで節目」


政教関係に葛藤した宗教政党

 公明党の結党50年を記念する第10回全国大会が9月21日に行われ、山口那津男代表あいさつ、井上義久幹事長報告の全文が機関誌「公明」11月号に載った(結党は1964年11月17日)。

 代表あいさつ、幹事長報告とも与党馴(な)れした政策遂行者の弁で綴(つづ)られているが、結党50年に関するくだりを「山口代表あいさつ」から引くと、「公明党は庶民の中から誕生」し、「50年という歴史を刻み、党創立者のもとで節目を迎える政党は唯一、公明党だけ」と述べ、庶民と党創立者の存在を強調した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ