世界日報 Web版

天皇陛下、在位30年式典 象徴に「誇りと喜び」


感謝の御言葉 何度も

 「天皇としての務めを、人々の助けを得て行うことができたことは幸せなことでした」。24日に行われた天皇陛下の在位30年記念式典。退位を約2カ月後に控えた陛下は、国民統合の象徴としての「誇りと喜び」を持って務めを果たしてきたと述べ、時折声を震わせ、国内外に何度も感謝の言葉を口にされた。

700

天皇、皇后両陛下は在位30年記念式典で、笑顔で退席された 24日午後、東京・国立劇場(代表撮影)

 式典は東京・国立劇場で午後2時に始まった。即位以来、象徴像を模索し続けた日々を振り返り、天皇の務めを果たしてこられたのは、象徴として「誇りと喜び」を持てる国民の存在と、日本が過去の歴史の中でつくり上げてきた「民度」のおかげだったと述べられた。

 陛下は、日本で戦争がなかった平成時代を「国民の平和を希求する強い意志」に支えられたと述べられた。被災地で多くの悲しみに遭遇し、けなげに耐える人々や、それに寄り添う全国の人々の姿も思い返し、自身も困難な人々に寄り添い続けられた。しかし、象徴像を模索する道は果てしなく遠かったと心情を吐露。陛下が追い求めた象徴像を皇太子殿下ら次世代が補うことを願われた。

 「ともどもに平(たひ)らけき代(よ)を築かむと諸人(もろひと)のことば国うちに充(み)つ」。平成が始まって間もなく皇后陛下が詠まれた御歌も紹介され、昭和天皇崩御により深い悲しみの中で即位した直後の心情も明かされた。この頃全国各地から「私たちも皇室と共に平和な日本をつくっていく」との言葉が寄せられたことを明かし、「静かな中にも決意に満ちた言葉を、私どもは今も大切に心にとどめています」と声を震わせながら語られた。

 陛下は「お言葉」の後半で、最初に戻って読み上げる場面があったが、皇后陛下のサポートで正しく読み直された。