世界日報 Web版

絢子殿下きょう御結婚


明治神宮で守谷慧さんと

300-1

絢子殿下

 高円宮家の三女絢子殿下(28)は29日午前、明治神宮(東京都渋谷区)で日本郵船社員の守谷慧さん(32)との結婚式に臨まれる。婚姻届は午後に東京・港区役所に提出され、絢子さまは民間人の「守谷絢子さん」として新たな生活を始められる。

 東京・元赤坂の高円宮邸では挙式に先立ち、守谷さんの使者が絢子さまを迎えに行く「入第(じゅだい)の儀」がある。絢子さまは明治神宮で守谷さんと合流し、午前11時半から神楽殿で結婚式が行われる。式には高円宮妃久子殿下や守谷さんの父治さんら両家の親族約30人が参列する。

300-2

守谷慧さん

 式は神式で、宮内庁によると、明治神宮の宮司による祝詞の奏上や、新郎新婦による「固めの盃」、結婚指輪の交換などがある。終了後には新郎新婦で明治神宮に参拝し、結婚式が滞りなく済んだことを報告する。

 翌30日、皇室の戸籍に当たる「皇統譜」から絢子さまを除籍する手続きが宮内庁で行われる。同日夜には東京都内のホテルで結婚を祝う晩さん会があり、皇太子殿下御夫妻ら皇族方や両家親族、三権の長ら約70人が出席する。