世界日報 Web版

両陛下、利尻島 初の御訪問


 北海道訪問中の天皇、皇后両陛下は4日、日本最北に近い離島、利尻島を初めて訪問された。2011年にも訪問が検討され、東日本大震災発生で見送られた経緯がある。

800

天皇、皇后両陛下はオタトマリ沼を訪問された=4日午後、北海道利尻富士町

 天皇陛下は皇太子時代を含め国内55島目の御訪問。遠隔地や島々に思いを寄せ、旅を重ねてきた両陛下にとって、在位中最後の離島訪問とみられる。

 両陛下は正午前、札幌丘珠空港(札幌市)発の特別機で利尻空港に到着。島のシンボル、利尻山を背景にタラップを降り、空港で出迎えた人たちに笑顔で手を振った。機内からは礼文島も眺められた。

 午後、利尻町ウニ種苗生産センターを視察。同施設では島特産のエゾバフンウニを1年ほど育て、約2センチになった段階で放流している。ウニ漁の関係者とも懇談し、天皇陛下は「資源はどうですか」「やはり少し減っていますか」などと尋ねておられた。

 続いて景勝地のオタトマリ沼(利尻富士町)を御訪問。眼前に広がる雄大な利尻山や美しい沼を見ながら散策された。島の南東に位置する二石海岸も散策。利尻島を1周して約5時間滞在し、同日夕、空路で札幌市に戻られた。