世界日報 Web版

両陛下がお忍び散策


皇居外で桜楽しまれる

 天皇、皇后両陛下は2日朝、皇居周辺を「お忍び」で約10分間散策された。両陛下は朝に皇居内を散策するのが日課だが、敷地外に出ての散策はまれ。天皇陛下は皇后陛下と腕を組んでゆっくりと歩き、ときおり笑顔で言葉を交わしながら、桜の咲く春の風景を楽しまれた。

700

天皇、皇后両陛下は皇居外周を「お忍び」で散策された=2日午前、東京都千代田区

 午前7時すぎ、紺色のジャンパー姿の天皇陛下と青い洋服姿の皇后陛下が、皇居の北桔橋門から姿を見せられた。警察関係者が周囲を警戒する中、桜の種類を紹介するポスターや、木々を眺めながら散策。近くの乾門まで歩くと、驚いて足を止めたランナーらに笑顔で手を振って皇居内へ戻っていかれた。

 皇居では、春の乾通りの一般公開が1日に終わったばかり。夫婦で観光中に偶然居合わせたという台湾人旅行者の男性は「一目見て天皇陛下だと分かった。今日帰国するところだったので、とてもラッキーでした」とうれしそうに話した。