世界日報 Web版

両陛下、植物特別展へ


博物館勤務の眞子さまが御案内
皇室会議から一夜明け

 天皇、皇后両陛下は2日午前、東京都千代田区にある博物館「インターメディアテク」を訪れ、植物画と植物標本を組み合わせた特別展示「植物画の黄金時代-英国キュー王立植物園の精華から」を視察された。同博物館に特任研究員として勤務する孫の眞子殿下も案内した。

800

天皇、皇后両陛下は、特別展示「植物画の黄金時代」で秋篠宮家の長女眞子殿下の説明を聞かれた=2日午前、東京・丸の内(代表撮影)

 天皇陛下が2019年4月末で退位される案が1日、皇室会議で了承されており、皇居外での初の御公務となった。

 18世紀に描かれたチューリップの絵の前で、陛下が「(画家は)植物のこともいろいろ知っていたわけですね」と尋ねられると、眞子さまが「植物学者のアドバイスをもらいながら描いていたのだと思います」と御説明。別の絵の前では、眞子さまが皇后陛下に「こちらはフランスの影響を色濃く受けています」と話し掛けられた。

 モルモットの毛皮も展示されており、その前で眞子さまが「父(秋篠宮さま)が食べるのが好きで」と紹介すると、陛下が「そうなの」と驚いた様子で答えられる場面も。皇后陛下と眞子さまは時折、笑顔でやりとりされていた。

 両陛下は1998年に英国を訪問した際、キュー王立植物園を訪れられたことがある。