世界日報 Web版

天皇陛下の傘寿祝い民俗芸能


皇后陛下主催、昼食会も

800

天皇、皇后両陛下と皇太子殿下御夫妻ら皇族方は、天皇陛下の傘寿を祝う皇后陛下主催の民俗芸能公演に出席された=13日午前、皇居・桃華楽堂(代表撮影)

 天皇陛下が昨年80歳の傘寿を迎えられたことを祝う皇后陛下主催の日本民俗芸能の公演が13日、皇居・桃華楽堂で開かれ、「佐渡おけさ」(新潟県)など各地の伝統芸能が披露された。

 天皇、皇后両陛下をはじめ皇太子殿下御一家、秋篠宮殿下御一家ら皇族方、宮内庁関係者ら約130人が鑑賞。皇太子殿下御夫妻の長女愛子内親王殿下(12)や秋篠宮殿下御夫妻の長男悠仁殿下(7)ら未成年の皇族も出席された。

 公演では「津軽三味線」(青森県)や「阿波おどり」(徳島県)などの演目を各地の保存会などが約1時間にわたって披露。最後は出演者全員で、両手を頭上に掲げて手首を返す沖縄県の「カチャーシー」を踊り、両陛下は客席から大きな拍手を送られた。終了後は宮殿でお祝いの昼食会が開かれた。