世界日報 Web版

渋谷区同性カップル条例の衝撃 懸念される男女の結婚の形骸化


400

麗澤大学教授 八木秀次氏

 麗澤大学教授の八木秀次氏はこのほど、世界日報の読者でつくる「世日クラブ」(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)で「渋谷区同性カップル条例の衝撃」と題し講演を行った。その中で八木氏は、東京都渋谷区議会が先月末、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認めるパートナーシップ証明書の発行などを盛り込んだ条例を成立させたことについて、男女の結婚が形骸化するなどと警鐘を鳴らした。以下はその要旨。

憲法24条に抵触も/婚姻は両性の合意でのみ成立


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ