世界日報 Web版

香港民主化デモ、スタッフの9割が同性愛者


800

 米国の同性婚合法化の動きに伴い、香港では性的少数者(LGBT)の権益保護を主張する民間組織「大愛同盟」が職・住に関して同性愛者を平等に扱うことを支持する「ピンクドット活動」を昨年9月20日に行い、1万5500人が参加した。

 香港では法令(婚姻条例第40条)で同性婚は認められておらず、同性愛者の労働福利、住宅政策、免税などの優遇措置は与えられていない。香港の旧宗主国だった英国では2013年に同性婚が合法化しているが、香港はキリスト教系諸団体が結束して同性愛や同性婚に反対し、大規模な反対集会を展開してきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ