世界日報 Web版

子宮頸がんワクチン4地裁に一斉提訴


15~22歳の女性63人

国と製薬2社に賠償請求

 子宮頸(けい)がんワクチンを接種した若い女性らが全身の痛みなどを相次いで訴えている問題で、23都道府県に住む15~22歳の63人が27日、国と製薬会社2社を相手に1人1500万円の損害賠償を求めて東京など4地裁に一斉提訴した。同ワクチンをめぐる集団訴訟は初めて。

800

提訴後に記者会見する子宮頸(けい)がんワクチン訴訟の原告ら=27日午後、東京都港区

 製薬2社は、英グラクソ・スミスクラインと米メルクの子会社MSD。これまで接種と症状の因果関係を認めた研究結果はなく、国と企業側は全面的に争うとみられる。

 提訴したのは東京28人、名古屋6人、大阪16人、福岡13人。いずれもワクチン接種後に運動障害や記憶障害などの症状が出て、日常生活に支障を来したり、進路変更を余儀なくされたりしたという。今後症状に応じて請求額を増やすほか、追加提訴も予定している。

 弁護団は「ワクチンによる過剰な免疫反応で神経障害などを引き起こしている」と主張。国が有用性の無い医薬品を承認したことや、接種費用の助成や定期接種の対象としたことは違法だとし、製薬2社には製造物責任があると訴えている。

 提訴後の記者会見で、東京訴訟原告の大学生伊藤維さん(20)神奈川県は「痛みと闘いながらの生活で、悪化するのではないかと不安だ。裁判をきっかけに安心して生活していけるようになればと思う」と話した。

 子宮頸がんワクチンは被害を訴える声が相次いだため、国は2013年に接種の勧奨を一時中止した。一方、世界保健機関(WHO)は昨年12月、安全性の問題は見つかっていないとする見解を表明した。

 厚生労働省とグラクソ社は「コメントは差し控えたい」とし、MSDは「法廷で証拠を提出する。(原告の)主張に根拠はないと信じている」との声明を出した。

(時事)