世界日報 Web版

学校復帰から社会就労まで見据えて


学校復帰から社会就労まで見据えて

「ゆらリズム」が不登校予防支援プログラム

 福祉事業を手掛ける(株)ゆらリズム(仙台市泉区、野崎健介社長)は、障害のある子供を放課後や休日に預かる放課後等デイサービスの中で、不登校児などに対する「不登校予防支援プログラム」を昨年11月から始めた。全国でも珍しい取り組みだ。(市原幸彦)

 ゆらリズムは、平成23年、野崎社長を含む東北福祉大学(仙台市)の同級生が立ち上げた事業。現在、高齢者向け「介護予防型デイサービス」と障害児向け「放課後等デイサービス」を運営。全国初の音楽リハビリデイサービス、ロボットによる介護プロジェクト、海外事業、研修、子供食堂なども展開している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ