世界日報 Web版

「冗長性」持った保育制度実現を


「冗長性」持った保育制度実現を

「乳幼児の多様性に迫る:発達保育実践政策学の躍動」

 日本学術会議主催学術フォーラム「乳幼児の多様性に迫る:発達保育実践政策学の躍動」がこのほど、同会議講堂で行われた。会場には保育園・こども園・幼稚園の保育士・先生ら関係者300人が集い、脳と乳幼児の発達特性の多様性、両親の離婚や海外からの移住者の貧困問題に関わる乳幼児の養育環境の多様性などの現状報告、対応、問題提起についてシンポジストの話に耳を傾けた。(太田和宏)

 第1部として「乳幼児の発達特性の多様性」について討議した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ