世界日報 Web版

研究課題を策定し生徒の学力向上へ実践活動


研究課題を策定し生徒の学力向上へ実践活動

北海道・南幌中学校で公開授業研究会

 道都・札幌から車で東に40分ほど走ると田園風景が広がる南幌町に至る。今では札幌への通勤圏となっているが、同町内の町立南幌中学校で10月31日、「基礎・基本を習得し、自ら考え表現する生徒の育成」を研究主題とした公開研究会が開かれた。生徒の学力向上を図るため、同校では3年計画で年次ごとにそれぞれ研究課題を策定し授業に取り組んでいる。今年は3年目に当たり、これまでの実践活動を公開授業として展開し、評価を募った。(札幌支局・湯朝 肇)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ